建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の
導入・活用に関するプロジェクト

令和2年度試行結果に関する報告会

■ 令和2年 試行結果に関する報告会をオンデマンド配信いたします

○ 国土交通省では、建設現場の生産性向上を目指すi-Constructionと、統合イノベーション戦略(H30.6.15閣議決定)を受け、「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」を平成30年度より開始しました。 本プロジェクトは、建設現場における「施工の労働生産性向上」や「品質管理の高度化等」を目的に技術公募を行い、令和2年度に37件の技術を各現場で試行しました。
○ 今回試行した37件の技術の内、18件の技術について試行を実施した各コンソーシアムより技術の概要、導入効果、達成状況等を報告いただきました。
  • プログラムPDF
  • <技術Ⅰ> 施工の労働生産性の向上を図る技術
  • 発表動画1『マルチコックピットシステムによる複数建設機械の遠隔操縦の実現について』 株式会社加藤組 原田 英司
  • 発表動画2『① 建設機械のIoT化とAI分析による生産性向上 ② VRを活用した遠隔臨場・遠隔会議技術による生産性向上』 五洋建設株式会社 石田 仁
  • 発表動画3『建設マネジメントシステム 複数新技術の統合的運用による生産性向上』 株式会社桑原組 谷口 稔
  • 発表動画4『自律飛行ドローン及びクラウドシステムを使用した現場巡視作業と工程進捗情報の共有』 株式会社富士ピー・エス 杵築 和弘
  • 発表動画5『リーンマネージメントを活用した生産性改革』 阿部建設株式会社 後藤 辰男
  • <技術Ⅱ> 品質管理の高度化等を図る技術
  • 発表動画6『画像粒度解析技術を用いたCSG材粒度管理システムによる生産性向上』 前田建設工業株式会社 長友 卓
  • 発表動画7『デプスカメラを用いた鉄筋出来形自動検測システム』 三井住友建設株式会社 吉野 優磨
  • 発表動画8『スランプ等の全数調査による品質管理手法の確立とその技術基準の提案(映像を含む電子化した生コン情報のクラウド共有活用に関する試行)』 大成建設株式会社 大友 健
  • 発表動画9『プローブセンサ搭載のアジテータ車によるコンクリート品質の連続管理技術』 東洋建設株式会社 梅津 順一
  • 発表動画10『AI配筋検査システムの社会実装』 鹿島建設株式会社 森本 直樹
  • 発表動画11『建設機械搭載型レーザスキャナによる土工・舗装工事のリアルタイム出来形管理の実現』 前田道路株式会社 加藤 康弘
  • 発表動画12『3眼カメラ配筋検査システムの社会実装とその導入効果』 清水建設株式会社 吉武 謙二
  • 発表動画13『クラウド型生コン品質管理システムの社会実装を想定した活用(電子化した生コン情報のクラウド共有活用に関する試行)』 大成建設株式会社 大友 健
  • 発表動画14『BIM・CIMを活用したPC中空床版橋における品質管理の高度化』 株式会社IHIインフラ建設 小林 崇
  • 発表動画15『コンクリート工事におけるプロセス管理・検査の見える化と高度化』 鹿島建設株式会社 柳井 修司
  • 発表動画16『コンクリート製剛性高欄の出来形測定ロボットの開発による省力化』 JFEエンジニアリング株式会社 柿市 拓巳
  • 発表動画17『モバイル端末による工事進捗管理自動化システム』 大成ロテック株式会社 寺﨑 真理
  • 発表動画18『中小建設業における4次元CIMとIMU等を活用したリモート管理の試行』 可児建設株式会社 可児 純子
発表1 『マルチコックピットシステムによる複数建設機械の遠隔操縦の実現について』
発表者:株式会社加藤組 原田 英司
コンソーシアム:株式会社加藤組、日立建機日本株式会社、西尾レントオール株式会社

発表資料
発表時に使用した資料をご覧になれます。PDF
発表2 『① 建設機械のIoT化とAI分析による生産性向上 ② VRを活用した遠隔臨場・遠隔会議技術による生産性向上』
発表者:五洋建設株式会社 石田 仁
コンソーシアム:五洋建設株式会社、Atos株式会社、大阪大学、株式会社ショージ、日本システムウエア株式会社、株式会社ネクストスケープ

発表資料
発表時に使用した資料をご覧になれます。PDF
発表3 『建設マネジメントシステム 複数新技術の統合的運用による生産性向上』
発表者:株式会社桑原組 谷口 稔
コンソーシアム:株式会社桑原組、株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク、金沢工業大学、エアロダインジャパン株式会社

発表資料
発表時に使用した資料をご覧になれます。PDF
発表4 『自律飛行ドローン及びクラウドシステムを使用した現場巡視作業と工程進捗情報の共有』
発表者:株式会社富士ピー・エス 杵築 和弘
コンソーシアム:株式会社富士ピー・エス、株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク、エアロダインジャパン株式会社、芝本産業株式会社

発表資料
発表時に使用した資料をご覧になれます。PDF
発表5 『リーンマネージメントを活用した生産性改革』
発表者:阿部建設株式会社 後藤 辰男
コンソーシアム:阿部建設株式会社、株式会社環境風土テクノ、北海道大学大学院、一般社団法人北海道産学官研究フォーラム、株式会社堀口組、株式会社建設IoT研究所

発表資料
発表時に使用した資料をご覧になれます。PDF
発表6 『画像粒度解析技術を用いたCSG材粒度管理システムによる生産性向上』
発表者:前田建設工業株式会社 長友 卓
コンソーシアム:成瀬ダム堤体打設工事鹿島・前田・竹中土木特定建設工事共同企業体、前田建設工業株式会社、大成建設株式会社、一般財団法人日本ダム協会

発表資料
発表時に使用した資料をご覧になれます。PDF
発表7 『デプスカメラを用いた鉄筋出来形自動検測システム』
発表者:三井住友建設株式会社 吉野 優磨
コンソーシアム:三井住友建設株式会社、株式会社日立ソリューションズ

発表資料
発表時に使用した資料をご覧になれます。PDF
発表8 『スランプ等の全数調査による品質管理手法の確立とその技術基準の提案(映像を含む電子化した生コン情報のクラウド共有活用に関する試行)』
発表者:大成建設株式会社 大友 健
コンソーシアム:大成建設株式会社、成和コンサルタント株式会社、横浜国立大学、パナソニックアドバンストテクノロジー株式会社、ソイルアンドロックエンジニアリング株式会社

発表資料
発表時に使用した資料をご覧になれます。PDF
発表9 『プローブセンサ搭載のアジテータ車によるコンクリート品質の連続管理技術』
発表者:東洋建設株式会社 梅津 順一
コンソーシアム:東洋建設株式会社、GNN Machinery Japan株式会社

発表資料
発表時に使用した資料をご覧になれます。PDF
発表10 『AI配筋検査システムの社会実装』
発表者:鹿島建設株式会社 森本 直樹
コンソーシアム:鹿島建設株式会社、三菱電機株式会社、三菱電機エンジニアリング株式会社、株式会社建設システム

発表資料
発表時に使用した資料をご覧になれます。PDF
発表11 『建設機械搭載型レーザスキャナによる土工・舗装工事のリアルタイム出来形管理の実現』
発表者:前田道路株式会社 加藤 康弘
コンソーシアム:前田道路株式会社、法政大学、三菱電機エンジニアリング株式会社

発表資料
発表時に使用した資料をご覧になれます。PDF
発表12 『3眼カメラ配筋検査システムの社会実装とその導入効果』
発表者:清水建設株式会社 吉武 謙二
コンソーシアム:清水建設株式会社、シャープ株式会社

発表資料
発表時に使用した資料をご覧になれます。PDF
発表13 『クラウド型生コン品質管理システムの社会実装を想定した活用(電子化した生コン情報のクラウド共有活用に関する試行)』
発表者:大成建設株式会社 大友 健
コンソーシアム:大成建設株式会社、成和コンサルタント株式会社、横浜国立大学、一般社団法人日本建設業連合会、パシフィックシステム株式会社、エム・エス・ティー株式会社、KYB株式会社

発表資料
発表時に使用した資料をご覧になれます。PDF
発表14 『BIM・CIMを活用したPC中空床版橋における品質管理の高度化』
発表者:株式会社IHIインフラ建設 小林 崇
コンソーシアム:株式会社IHIインフラ建設、オフィスケイワン株式会社、千代田測器株式会社、株式会社インフォマティクス

発表資料
発表時に使用した資料をご覧になれます。PDF
発表15 『コンクリート工事におけるプロセス管理・検査の見える化と高度化』
発表者:鹿島建設株式会社 柳井 修司
コンソーシアム:鹿島建設株式会社、株式会社カイ、ソイルアンドロックエンジニアリング株式会社、日本コントロールシステム株式会社、東山株式会社、朝日航洋株式会社、Pacific Spatial Solutions株式会社

発表資料
発表時に使用した資料をご覧になれます。PDF
発表16 『コンクリート製剛性高欄の出来形測定ロボットの開発による省力化』
発表者:JFEエンジニアリング株式会社 柿市 拓巳
コンソーシアム:JFEエンジニアリング株式会社、株式会社イクシス

発表資料
発表時に使用した資料をご覧になれます。PDF
発表17 『モバイル端末による工事進捗管理自動化システム』
発表者:大成ロテック株式会社 寺﨑 真理
コンソーシアム:大成ロテック株式会社、株式会社エム・ソフト

発表資料
発表時に使用した資料をご覧になれます。PDF
発表18 『中小建設業における4次元CIMとIMU等を活用したリモート管理の試行』
発表者:可児建設株式会社 可児 純子
コンソーシアム:可児建設株式会社、株式会社環境風土テクノ、応用技術株式会社、立命館大学、宮城大学

発表資料
発表時に使用した資料をご覧になれます。PDF
  • 報告会に関するお問い合わせ先

国土交通省大臣官房技術調査課 藤浪・栗原
電話 :(03)5253-8111(内線22353・22306) 直通 :(03)5253-8221 ファックス :(03)5253-1536

  • 報告会に関するご意見・ご質問

報告会や各発表に関してのご意見・ご質問等ございましたら、こちらにお問合せいただきますようお願い申し上げます。
お問合せはこちら